読書

FIRE 最強の早期リタイア術 | 貯金と複利の勉強

FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド作者:クリスティー・シェン,ブライス・リャンダイヤモンド社Amazon 最近聞くようになったFIREの指南書。 ベースにあるのは資産の4パーセントの資金で1年間の生活費を賄えれば、貯蓄が30年…

実力も運のうち | 実力なんてものは存在しない

実力も運のうち 能力主義は正義か?作者:マイケル サンデル早川書房Amazon 『ハーバード白熱教室』『これからの「正義」の話をしよう』のマイケル・サンデルが能力主義と格差について語る。 貴族を打ち倒して成立した民主主義。 階級社会がなくなったことで…

人類とイノベーション | 自由主義のイノベーション論

人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する (NewsPicksパブリッシング)作者:マット・リドレーニューズピックスAmazon 『繁栄』のマット・リドレーがイノベーションについて語る。 イノベーションを生むにはどうしたらいいか? 長年繰り返さ…

三体 死神永生 | 劉慈欣の想像力についていけるか

三体Ⅲ 死神永生 上作者:劉 慈欣早川書房Amazon 『三体』三部作の最終巻。 太陽系と三体世界のつばぜり合いを描いた二作目の『黒暗森林』よりもさらにスケールアップして、物語は全宇宙へと広がる。 規模は広がったけれど、それが『黒暗森林』よりもおもしろ…

BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相 | シリコンバレーの信用創造

たった一滴の血液で、すべての病気がわかる。 そう言ったのはベンチャー企業のセラノス。革新的な技術を生み出した創業者のエリザベス・ホームズは第二のスティーブ・ジョブズともてはやされた。 期待が金を呼び、時価総額は9000億円にまで膨らんだ。 けれど…

遺伝子 | 多様性と選択の問題

遺伝子‐親密なる人類史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)作者:シッダールタ ムカジー発売日: 2021/03/03メディア: Kindle版 デビュー作『がん‐4000年の歴史‐』でピューリッツァー賞を受賞したシッダールタ・ムカジーが遺伝子について語る。 がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤ…

さよならの言い方なんて知らない。 5 |  胡蝶の夢の夢

さよならの言い方なんて知らない。5(新潮文庫)作者:河野裕発売日: 2021/02/27メディア: Kindle版 架見崎シリーズ第5弾はこれまでの世界をひっくり返す衝撃の内容。 胡蝶の夢は想定していたけれど、夢の夢とは思わなんだ。 エヴァのQを初めて劇場で見たと…

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ | 今後10年を生き抜くには

2040年の未来予測作者:成毛 眞発売日: 2021/01/01メディア: Kindle版 2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する作者:英『エコノミスト』編集部発売日: 2017/04/14メディア: 単行本(ソフトカバー) 2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティン…

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る | 異色の天才の言葉

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る作者:オードリー・タン発売日: 2020/11/29メディア: Kindle版 コロナ対応で脚光を浴びた台湾のデジタル担当閣僚オードリー・タンへのインタビューを元にした本。 IQ180のプログラマーで、中学校中退で、トランスジ…

絶望を希望に変える経済学 | 断定しない科学者

絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか (日本経済新聞出版)作者:アビジット・V・バナジー,エステル・デュフロ発売日: 2020/04/17メディア: Kindle版 2019年のノーベル経済学賞受賞者の二人による経済学の総まとめ。 経済学者と一般市民…

アインシュタインの戦争 | 相対性理論をめぐるドラマ

アインシュタインの戦争―相対論はいかにして国家主義に打ち克ったか―作者:マシュー・スタンレー発売日: 2020/07/24メディア: Kindle版 アインシュタインの最大の功績とされる一般相対性理論が発表されたのは1915年。 この時、世界は1914年から4年間続く第一…

タイタン | 消費と創造の関係性

あらすじ 「タイタン」と呼ばれるAIにより仕事から解放された人類は自由を謳歌していた。 しかし世界に散らばる12個のタイタンのうちの1つ、北海道にある「コイオス」が機能不全に陥ったことで、心理学を趣味としていた内匠成果のもとに、「カウンセリング…

52ヘルツのクジラたち | きっと誰かに届く叫び

52ヘルツのクジラたち作者:町田そのこ発売日: 2020/04/21メディア: Kindle版 本屋大賞ノミネートということで、積読の山から引っ張り出す。 52ヘルツのクジラは、実際に存在している(と思われる)正体不明のクジラの個体。1980年代から鳴き声だけは観測され…

ディズニーCEOが実践する10の原則 | ディズニーの買収の歴史

ディズニーCEOが実践する10の原則作者:ロバート アイガー発売日: 2020/04/04メディア: Kindle版 『10の原則』と書かれると、お手軽な実用本のような気がするけど、中身は2005年からCEOを務めたロバート・アイガーの自伝的で骨太な内容。 原題も『The Ri…

SF映画術 | 巨匠たちの対談

SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座作者:ジェームズ・キャメロン発売日: 2020/09/30メディア: Kindle版 「映画術」というより対談集。 ジェームズ・キャメロンがSF映画の重鎮6人とそれぞれ語り合う。 スピル…

流浪の月 | 彼女だけの感情

流浪の月作者:凪良 ゆう発売日: 2019/08/29メディア: Kindle版 2020年本屋大賞受賞作。 翻訳小説部門1位の『アーモンド』が「誰もが持ちうる感情を持たない」主人公を描いたのに対して、こちらは「誰もが持ち得ない感情」を持つ主人公ということで、2020年…

アーモンド | 猿まねの感情

アーモンド作者:ソン・ウォンピョン発売日: 2019/07/12メディア: Kindle版 2020年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位。 扁桃体が人より小さい十六歳の高校生、ユンジェの物語。 扁桃体は感情を司る器官で、アーモンドの形に似ているとか。それが小さいということは…

MARVEL 倒産から逆転No.1となった映画会社の知られざる秘密 | 宇宙は狭い

MARVEL 倒産から逆転No.1となった映画会社の知られざる秘密作者:チャーリー・ウェッツェル,ステファニー・ウェッツェル発売日: 2020/09/25メディア: 単行本 今や映画の世界歴代興行収入のTOP10に3つの作品を送り込む、マーベルのお手軽な社史。 世界中に多…

NO RULES 世界一「自由」な会社、NETFLIX | ティール組織の実態

NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX (日本経済新聞出版)作者:リード・ヘイスティングス,エリン・メイヤー発売日: 2020/10/22メディア: Kindle版 上下関係がなく、ノルマもなく、社員が自由に意思決定と行動をすることで圧倒的な成功を…

これがすべてを変える

これがすべてを変える――資本主義VS.気候変動(上)作者:ナオミ・クライン発売日: 2017/08/31メディア: 単行本 気候変動の裏で働く資本主義の論理を痛烈に批判した本。 本屋に平積みされているのを手に取ったのが2018年。何か大事なことを言ってそうと思いなが…

さよならの言い方なんて知らない。4 | 英雄の条件

さよならの言い方なんて知らない。4(新潮文庫)作者:河野裕発売日: 2020/09/29メディア: Kindle版 架見崎最強プレイヤー月生、架見崎最大のチームPORTとの闘いを描いた3巻の後の箸休めといった感じ。 臆病者の主人公、香屋歩は自らが運営に突き付ける質問を…

昨日星を探した言い訳 | 言葉を捨てた作家

昨日星を探した言い訳【電子特典付き】 (角川書店単行本)作者:河野 裕発売日: 2020/08/24メディア: Kindle版 感想 作者は『サクラダ・リセット』『いなくなれ、群青』『さよならの言い方なんて知らない』の河野裕。この人のシリーズもの以外の作品を読むのは…

SF映画のタイポグラフィとデザイン | わかりやすい未来の作り方

SF映画のタイポグラフィとデザイン作者:デイヴ・アディ発売日: 2020/08/18メディア: 大型本 SF映画ファンに話題の大型本。 SF映画のワンシーンを取り出して、これでもかと掘り下げる。 フォントにフィーチャーした本だと宣伝されているけれど、掘り下げの対…

なめらかな世界と、その敵

なめらかな世界と、その敵作者:伴名 練発売日: 2019/08/20メディア: Kindle版 はじめに 伴名練の初の短編集。 『伊藤計劃トリビュート』で知って著作を探してみたことがあったのですが、まったくなくてあきらめておりました。 改めて調べてみると商業ではな…

嘘と正典 | 父と時間と裏の裏

嘘と正典作者:小川 哲発売日: 2019/09/19メディア: Kindle版 はじめに 『ユートロニカのこちら側』『ゲームの王国』の小川哲の短編集。 各短編について簡単に。 魔術師 稀代のマジシャンが挑む最後の演目『タイムマシン』。 タイムマシンは本当に存在したの…

ユートロニカのこちら側 | 私たちは無意識に意識を捨てる

あらすじ 位置情報はもちろん視覚や聴覚など収集できる限りの個人情報を提供することで、人並み以上の生活が保障されるアガスティアリゾート。ある者はその理想郷に順応し、ある者はその監視社会からこぼれ落ちる。自由を求める男女が交錯する6つの物語。 ユ…

三体 Ⅱ 黒暗森林 | ゴールデンレコードは地球への呪い

あらすじ 前作『三体』で地球からのメッセージを受け取った異星文明・三体世界は、新天地を求めて千隻を超える侵略艦隊を地球へと送り出す。 四百数十年後に迫る決戦に向け宇宙軍を創設するが、人類のあらゆる活動は三体文明から送り込まれた極微スーパーコ…

コロナ時代の僕ら | コロナ以前の世界に戻りたいか

概要 新型コロナウィルスがイタリアで広まり始めた2020年2月から、イタリア全土を覆い尽くす3月までの間、『素数たちの孤独』がベストセラーになったイタリア人作家が書き綴ったエッセイ集。 コロナの時代の僕ら作者:パオロ・ジョルダーノ,Paolo Giordano発…

逆ソクラテス | 道徳の時間です

感想 伊坂幸太郎デビュー20年目の短編集。収録5編のうち、書き下ろしは3編。 小学生の主人公たちが教師の決めつけやいじめの原因といった「先入観」に立ち向かう。 先入観がひっくり返る瞬間はとても心地いい。 逆ソクラテス (集英社文芸単行本)作者:伊坂幸…

ゲームの王国 | ルールを疑え

あらすじ 後にポル・ポトと呼ばれる革命の指導者サロト・サルの隠し子として生まれた少女、ソリヤ。辺境の農村で神童として生まれた少年ムイタック。2人は革命の砲声が轟く1975年のカンボジア、バタンバンで邂逅する。 秘密警察、恐怖政治、強制労働、虐殺——…