ホモ・デウス | 人より出でし神はどこへ行くのか

スポンサーリンク

概要

『サピエンス全史』著者が戦慄の未来を予言する。
『サピエンス全史』は私たちがどこからやってきたのか過去をを示した。一方で本書は私たちがどこへ向かうのか未来を描く。
人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーで得た人類は、何を求め、どこへ向かうのか。

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

感想

著者は『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』のユヴァル・ノア・ハラリ。
サピエンス全史では、快刀乱麻の語り口で、時に皮肉を利かせて人類の歴史を描いて見せたけれど、今回は「予言の書」という割にはイマイチ切れ味が良くない印象。
その理由は最初に示されている。

いったんテクノロジーによって人間の心が作り直せるようになると、ホモ・サピエンスは消え去り、人間の歴史は終焉を迎え、完全に新しい種類のプロセスが始まるが、それはあなたや私のような人間には理解できない。 上巻 p63

すでに抗うつ剤やスマートドラッグみたいに、人の心を合理的にコントロールしようとするテクノロジーは広まってきているわけで、未来にはそれが社会に浸透して、人間の心自体が変容しているだろう。
未来の人類は『ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)』や『しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)』に出てくるようなテクノロジーを使って、『地球幼年期の終わり【新版】 (創元SF文庫)』や『ソラリス (ハヤカワ文庫SF)』に登場する異星人のような存在になるのだ。
文化の違う外国人がどんな行動を起こすのかさえ予測できない我々に、そもそも心の作りが違う未来人の行動など、理解できるはずもないだろうというのが著者のスタンス。

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

そんなわけでこの本は、いかにして人間が神のごとき存在になるのかが中心的なテーマになる。
20世紀のうちに飢饉と疫病と戦争という「苦痛」を克服した人類は、次に不死や至福や神性といった「快楽」の獲得を21世紀のプロジェクトとして推し進めることだろう。
『サピエンス全史』にもあった貨幣や国といった「虚構」を信じる人類独自の能力を最大限に使って、宗教という虚構を信じたように、「人間が神である」という虚構も、人類はそのうち受け入れるようになるはずだ。
今度の変化が今までと違うのは、人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーによって、人類の身体そのものに変化を加えることが可能になっていることである。それによって進歩が加速する。その流れに取り残された人たちは取り返しのつかない差を開けられることになる。

二一世紀初頭の今、進歩の列車は再び駅を出ようとしている。そしてこれはおそらく、ホモ・サピエンスと呼ばれる駅を離れる最後の列車となるだろう。これに乗りそこねた人には、二度とチャンスは巡ってこない。この列車に席を確保するためには、二一世紀のテクノロジー、それもとくにバイオテクノロジーとコンピューターアルゴリズムの力を理解する必要がある。(中略)二一世紀には、進歩の列車に乗る人は神のような創造と破壊の力を獲得する一方、後に残される人は絶滅の憂き目に遭いそうだ。  下巻 p95

神のごとき力を得た支配者階級と、アルゴリズムに存在意義を奪われる貧富の格差は『オルタード・カーボン』のよう。

www.subtle-blog.com

これからどのような変化が、なぜ起こるのか、知っておくことは重要だと思う。
自分なんかは人工知能が人の仕事を奪っても、新しい仕事やベーシックインカムとかで食いつないでいくんだろうとなんとなく思っていたのだけれど、それは甘いんだなと思い知らされた。
新しい仕事もすぐにAIに奪われるのだろうし、ベーシックインカムなんて実施する側には何のメリットもない。メリットがないことは行われない。行われても継続できない。
20世紀に普及した国民保険や貧富の格差の是正も、一見、高尚な道徳心で行われたように見えるけれど、当時のシステムでは頭数がいたほうが有利だからという理由で実施されたに過ぎない。
これからの時代は、というより現代は、数の少なさはテクノロジーで補える。そうなったとき、弱者を救うという行為にメリットはなく、貧富の格差は広がっていく。
それは道徳的に許されない行為だという人もいるかもしれないが、心を操ることができるようになった人類に、現代から道徳を説いても馬の耳に念仏だろう。 時代の波に翻弄されないためにも、この本は読んでおくべきだと思う。

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

関連書籍

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)

しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)

地球幼年期の終わり【新版】 (創元SF文庫)

地球幼年期の終わり【新版】 (創元SF文庫)

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

オルタード・カーボン(上)

オルタード・カーボン(上)