物語の地図

物語の中には、まったく新しい世界が広がっている

ダンケルク

スポンサーリンク

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

クライストファー・ノーラン作品。 ドイツ軍の電撃作戦によってドーバー海峡を臨むダンケルクに追い詰められたイギリスとフランスの連合軍の撤退作戦を描く。

「メメント」「プレステージ」「ダークナイト」「インセプション」「インターステラー」。ノーランの作品には(ある程度の科学的考証はあるにせよ)魔法のような設定や展開があるわけで、それによって生まれるパズルのような感覚を期待して観ている面がある。 そのノーランが史実をもとにした戦争映画を描くということで、若干の不安があった。「史実」通りにつくってしまっては、「魔法」の入りこむすきがないではないか。 でも観賞してみればそんなことはなく「魔法」を使わなくとも、演出だけでパズルの感覚を観客に提示してくる作品だった。

映像と音響はいつも通りの迫力で、舞台が「戦場」ということでますますパワフルなものになっている。兵士の一人称の視点に拘ったというカメラマークとあいまって、本当に戦場にいるような迫力だった。

話の内容としては、国を総動員したプライベートライアン。プライベートライアンでは、部隊が1人の兵士を助けるところに物語の感情的な肝があるけれど、ダンケルクは民間人を含めた救出「部隊」による33万人の救出劇を描く。単純に数だけで考えても、感動しないわけがない。

ダンケルクから救出されイギリスに戻った兵士は、敗残兵だと故国の人に後ろ指を指されることを恐れる。そんな兵士たちを祖国の人が暖かく迎えるシーンの印象が強い。彼らはたしかに敗残兵だけれど、祖国のために戦った。失敗したとはいえ、ビールの一杯でも差し出して、その挑戦を称えてやろうではないかと。そうすることで、兵士たちは救われる。

リスクを負い、失敗した人間に、周囲の人間はどう接するべきか。 社会はいつのまにやら敗残者に手を差し伸べなくなってはいまいか。 ノーランのプロットと映像と音響の迫力に圧倒された後で、そういう教訓めいたことを私は感じてしまったのです。

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]