やはり俺の青春ラブコメは間違っている。13 | ダークヒーローにハッピーエンドはあるか

スポンサーリンク

あらすじ

保護者の意見によって自粛に追い込まれたプロムナード。
開催しようと修正案を練る雪ノ下雪乃だが、限界がある。
その姿を見て比企ヶ谷八幡は手を差し伸べようとするが、陽乃に指摘された「共依存」という言葉に縛られ、今までのようには雪乃を助けることができない。
雪乃に力を貸すことができない八幡は、ひねくれた答えでジレンマを解決しようとする。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (13) (ガガガ文庫 わ 3-23)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (13) (ガガガ文庫 わ 3-23)

感想

ひねくれものの青春録も、次巻でシリーズ完結となることが宣言されたこの13巻は、最後から2巻目というにふさわしく、3巻のときにちょいと登場した遊戯部が再登板したり、意識高い系高校生の玉縄が少し成長して(?)登場したりと、物語をたたみにかかってきている。

物語はといえば、12巻からの続きでプロムのお話。
今回であるていどカタはついたけれど、プロムの開催そのものは描かれていないから14巻も続くはず。プロムの開催をもってシリーズのフィナーレだろう。

もう一つのプロットである八幡、雪乃、結衣の三人の関係は、結衣の「小木曽雪菜」化が著しい。『White Album 2』は友人と恋人の葛藤を描いた名作ではあるけれど、それを超えられるだろうか。
繰り返される「終わり」という言葉の意味をイマイチつかみきれない書き方なので、この三人の関係がどこに向かうのか予想がつかない。

WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-(通常版) (特典なし) - PS3

WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-(通常版) (特典なし) - PS3

このシリーズのことだから、ひねくれた落としどころになるとは思うのだけれど、13巻では助走が足りないような。
個人的にこのシリーズの1番の盛り上がりは、八幡がダークヒーローに徹した文化祭編の第6巻だと思っているのだけれど、それを超えるフィナーレを迎えられるだろうか。

そういえば文化祭が最高潮だったといえば、『神のみぞ知るセカイ』を思い出すなぁ…

神のみぞ知るセカイ(19) (少年サンデーコミックス)

神のみぞ知るセカイ(19) (少年サンデーコミックス)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (13) (ガガガ文庫 わ 3-23)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (13) (ガガガ文庫 わ 3-23)