Subtle Blog

本や映画やドラマについての感想文

インターネットが突然使えなくなった話

スポンサーリンク

前置き

つらつらと本や映画の感想を書いているこの場所には合わない内容だと思うけれど、解決にけっこうな時間とストレスがかかってしまったのでメモ。
自分が普段、トラブルシューティング系のweb情報に普段から助けられているということもあるので、レアなトラブルだとは思うけれど誰かの参考になればという思いで記録しておきます。
※この辺の知識はほとんどないので、ところどころ間違いがあるかもしれません。悪しからず。
解決策は配線が本当に正しいか疑ってかかること。

症状

引越と同時にネット回線を移転。
プロバイダは引越前も引越先でもソフトバンク光。引越前にNTTからレンタルしたVDSL装置を使っており、移転の際にもソフトバンク側から「装置を接続してください」と言われたので、VDSLを介してネットを使っていた。
が、移転からちょうど1ヶ月でネットに繋がらなくなった。モデムを見ると”VDSL LINK”というランプが緑色に点滅していた。

対策

1日目

帰宅してネットが使えなくなったことを認識する。
いろいろ試してみるが、解決しない。ソフトバンクのサポートセンターも閉まっている時間だったので、あきらめて寝る。

2日目

会社の昼休みにソフトバンクのサポートセンターに連絡。サポートセンター側から調べられる限り問題はなし。
ただ接続の履歴では移転した日から1ヶ月間、接続がないとのこと(新住所になってからネットを使っていないことになっている)。
もちろん、引っ越してから日常的にネットを使っていたので、これはおかしい。オペレーターさんに原因を訊いてみるが、わからないとのこと。
自分はどこに接続していたんだ?という新しい問題が生まれる。
昼休みの終了が迫っていたこともあり、問い合わせ終了。
帰宅してからネットをちょこちょこといじって見るが反応なし。

3日目

VDSL装置の”VDSL LINK”のランプが緑点灯しているのは装置の故障の可能性があるという情報に行き着く。
ソフトバンクのサポートセンターが閉まっている時刻だったが、VDSL装置の故障は結局のところNTTに回されるらしいので、24時間問い合わせを受け付けているNTTに連絡をとる。
本来であれば、ソフトバンクを通さなきゃならないんだろうなあ…と思いつつ。
NTTのオペレータさんは案の定、「ソフトバンク光さんを通して問題を解決するのがスジです」というような前置きしつつも、親切に対応してくれた(こういう神対応をされると、次からはフレッツにしようかなと思っちゃうよね)。
NTTさんが言うには、新住居の設備ではVDSL装置がそもそもいらない。壁にあるジャックに直接PCなり無線ルーターなりをつなげるのが本来の使い方とのこと。
そう言われると心当たりがあって、引越してから1週間後くらいにNTTさんから「レンタル機器返却キット」というのが送られてきた。
ソフトバンクからはNTTの機器をそのまま使えと言われているのに、NTTからはその機器を返すためのキットが送られてくる。どう対応したらいいのかわからず、そのときもソフトバンクに問い合わせたのだが「NTTさんの手違いなので、無視してレンタル機器を使ってください」との回答だったのでそのまま無視して使っていた。
たぶん、これが今回のトラブルにつながったのだと思う。
NTTさんの言う通り、VDSL装置を外して無線ルーターを直接ジャックに差したらネット復活。問題が解決した。

まとめ

それまでVDSL装置を介してネット接続できていたのに、なぜ移転後1ヶ月きっかりで使えなくなったのか、接続の履歴が残っていない1ヶ月間、なぜ新住居でネットが使えていたのか、疑問点は多々ありますが(わかる方いたら教えてください)、配線を変えたらもと通り使えるようになりました。
間違った配線方法を教えられたことに少々不満はありますが、ネット周りのシステムって継ぎ足しのシステムという感じで複雑で、自分が理解せよと言われても理解できないと思うので、あまり強くは言えない感じ。