Subtle Blog

本や映画やドラマについての感想文

ロスト・イン・スペース | 人は変われる。ロボットだって——

あらすじ 2046年。ロビンソン一家は環境の悪化する地球を離れ、インターステラーの旅に出る。その途中、母船で事故が発生し、ロビンソン一家とその他の植民者たちは見知らぬ惑星に不時着する。 彼らは惑星から脱出することができるのか? 母船の事故の真相は…

地下鉄道 | 「自由」を求める我々はそれがどんなものであるかを知らない

あらすじ 舞台は19世紀、奴隷制度が根付くアメリカ南部。農園の奴隷であるコーラは、その劣悪な環境から逃亡することを決意する。農園を抜け出し、「地下鉄道」に乗って、奴隷制度のない北部を目指すコーラ。その先に待ち受ける「自由」とは。 地下鉄道作者:…

ティール組織 | 組織をもっとシンプルに

あらすじ 上下関係も、売上目標も、予算もない。 従来のアプローチの限界の限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。膨大な事例研究から導かれた新たな手法の秘密とは。 (帯文より) ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型…

八月十五日に吹く風 | 人の心を忘れたとき

あらすじ 人命を軽んじ易々と玉砕するという野蛮な日本人観が戦時中のアメリカでは広まっていた。そんな日本人観が覆る決め手となった北の最果てキスカ島での救出劇。五千人の兵員を助けた戦史に残る大規模撤退作戦を描く物語。 八月十五日に吹く風 (講談社…

ナミヤ雑貨店の奇蹟 | 相談するとき答えはすでに決まっている

あらすじ 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、悩み相談の手紙が届く。3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが——。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)作…

羊と鋼の森 | 成長とは自分の「正しさ」を貫くこと

あらすじ 本屋大賞受賞作の文庫化。 高校生の時の偶然の出会いで調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合い、外村は調律の森へと深く分け入っていく。 羊と鋼の森 (文春文庫)作者: 宮下奈都出版社/メーカー…

これからの時代に文書を偽造するということ

ついに明るみに出た、森友関連の文書偽造問題。 NHKの街頭インタビューに答えていた70代男性の言葉が心に残っている。 「終戦直後は、証拠隠滅のために戦争の資料が各地で焼かれた。それと同じことをこの国はまだ続けているだなぁ」 失敗の本質―日本軍の組織…

夜空の呪いに色はない | 夜を経験せずに大人になれるのか

あらすじ 『階段島』シリーズ第五弾。 捨てられた人格が生活し、魔女が支配する「階段島」。その島にやってきた小学生の大地を現実に戻すべく、高校生の七草と真辺は奔走する。大地のような幼い少年が、自分の人格を捨てるなんてことがあってはならない、と…

未必のマクベス | 台本通りに進む人生なんて

あらすじ IT企業に勤める中井優一は、東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。あるとき優一はマカオの娼婦から「あなたは、王として旅を続けなくてはならない」と予言めいた言葉を告げられる。やがて香港の子会社の代表取締役として出向を命…

シェイプ・オブ・ウォーター | 魚人に恋ができますか?

あらすじ 冷戦の時代。アメリカ政府の極秘研究所に清掃員として勤めるイライザは、極秘実験の一部を垣間見る。それをきっかけに彼女の生活は一変する。人間ではない不思議な生物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人たちの助けを借りて、イライザと”…

グレイテスト・ショーマン | 歌と踊りの直球勝負

あらすじ 19世紀のアメリカ。会社を解雇されたP.T.バーナムは、オンリーワンの個性を持つ人たちを集めたショーを思いつく。型破りなショーに対する周囲の反発や、一時の成功で自分を見失いそうになりながらも、バーナムは幸せをつかみとる。 グレイテスト・…

失われゆく技術について

こんな雑記を書くのは、例にもよって本を読む時間も、映画を観る時間もないからなのですが(十年ぶりにやったモンスターハンターが思いのほかおもしろかったので仕方ない)。 最近、新聞などで見かける中小企業の事業継承問題。後継者がいない中小企業の事業…

スリー・ビルボード | 人は相反する感情を持つものだから

スリー・ビルボード (オリジナル・サウンドトラック)アーティスト: カーター・バーウエル出版社/メーカー: Varese Sarabande発売日: 2017/11/10メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る www.foxmovies-jp.com あらすじ アメリカ・ミズーリの田…

地震や噴火の予知について思うこと

草津白根山が噴火したのは先週のこと。 地震や噴火で被害が出ると、気象庁が「想定外」と答えるのは、東日本大震災や御嶽山の噴火からお決まりの光景になっているわけですが、今回は全くケアしていなかった場所からの噴火ということで、いつもより「想定外」…

ロストテクノロジー化する「技術力」

最近、本を読む時間も気力も不足しているので、普段、考えていることを垂れ流すという愚策に出よう。 今回のテーマは「ロストテクノロジー」。 去年くらいから新聞で取り上げられるようになった中小企業の後継者問題。優れた技術力を持っているのに、次の世…

新・所得倍増論 | 「技術力」という魔法から目を覚まそう

1年ほど前に読み終えた本だけれど、この本の内容について、最近思うことがあるので。「働き方改革」とか「生産性の向上」という言葉がちまたにあふれ始めたのは、この本が出てからではなかろうか。 デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論作者: デービッド…

漫画 君たちはどう生きるか | 忘れがちな大切なこと

漫画 君たちはどう生きるか作者: 吉野源三郎,羽賀翔一出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2017/08/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (11件) を見る 去年の秋くらいから書店に並んでいるのは見ていたけれど、宮崎駿の新作のタイ…

ソフトバンク光からドコモ光に切り替えようとした話 | ポイント還元に惑わされてはいけない

主に本、ときどき映画、たまにネット、に関して紹介しておりますこのブログ。 今回はその「たまに」の部分。 先日、iPhone Xに機種変更したときに、ドコモ光に切り替えたほうがお得ですよとすすめられ、なすがままに契約したら見事にドツボにハマってしまっ…

SHOE DOG | はじめに信念ありきと彼は言った

SHOE DOG(シュードッグ)作者: フィル・ナイト,大田黒奉之出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/10/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 2018年1発目に紹介する本は、新年の幕開けにふさわしく、気分がアガってやる気にさせてくれる…

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか | ビリオネアも普通の人である

ラノベのタイトルみたいに長いタイトルですが、中身は無駄なくまとまっていて、巻末のビリオネア一覧や参考文献を除いたら、200ページ弱の軽量級。 身近にいないものだから神格化されがちなビリオネア起業家の実態を調査して、その生態をまとめたといった内…

スター・ウォーズ 最後のジェダイ | こんな悲しい映画は最後にしてほしい

観ました。感想としては、とても悲しい。 私が生まれる前に始まり終わった旧三部作。それを初めて見たのは、ファントム・メナスに合わせたTV放送だったと思う。公開から20年以上経っているにも関わらず、色褪せないその輝きをみて、子ども心にワクワクしたこ…

エクソダス症候群 | 逃げ道だって無限にあるわけじゃない

久しぶりに伊藤計劃風味のSFを読んだ。 これだけで感想としては十分かもしれない。 エクソダス症候群 (創元SF文庫)作者: 宮内悠介出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2017/07/20メディア: 文庫この商品を含むブログを見る あらすじ 人類が火星に移住を開始…

私的 Book of the Year 2017 | 数年後も本棚に残したいもの

12月に入り、Amazonが2017年の本のランキングを出す季節になってまいりましたので、自分でも今年読んだ本の中で良いなと思ったものを3冊ほどまとめておこうかと。基準は、数年後も本棚に残しておきたいかどうか。 ちなみに、私のオール・タイム・ベストは伊…

マネーの進化史 | お金の歴史からビットコインの行く末に思いを馳せる

ついにビットコインが100万円を超えました。その後、130万円を叩き、ナスダックで扱われるようになる様子。サトシナカモトという謎の人物の思いつきから生まれたこのコインも、ここまできたら無視はできない。 一方で、投機だ、バブルだという批判があるのも…

ウエストワールド|創造主の手を離れる被造物の物語

進歩したAIを利用した近未来のテーマパークでの騒動を通して描かれるのは、何かエラーが起きているのはわかるのだけれど、その原因を突き止められない人間の姿。 おそらく、現実の人工知能でもこれから同じことが起こるのだろう。人工知能は賢くなるけれど、…

残酷すぎる成功法則 | 自己啓発の科学的まとめ本

自己啓発と聞くと、如実に嫌な顔をする人がいる。それは無理もない話で、これまでの自己啓発本の多くは科学的な証拠がなく、「こうすればうまくいきますよ、信じてください」というようなものが多かった。それではほとんど宗教と同じである。普通の人は宗教…

ザ・サークル|人生お金じゃない、いいね!の数だ

『ベストセラー・コード』でアルゴリズムが絶賛し、11月10日にはトム・ハンクスとエマ・ワトソンが出演する映画が公開! 否が応でも期待が高まる。 ザ・サークル (上) (ハヤカワ文庫 NV エ 6-1)作者: デイヴエガーズ,吉田恭子出版社/メーカー: 早川書房発売…

ドリーム|多様性は道徳ではなく功利である

遅ればせながらみてきました。 公開から1ヶ月以上経っているのに、映画館の小さなスクリーンは満員。さすがIMDBでもFilmarksでもYahoo!映画でも高レビューを獲得している作品。 ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・…

Googleアドセンスはアナログか

定期的に記事を書くようになったので、Googleアドセンスを導入しようとしているのだけれど、ステータスが「審査中」のまま変わらない。「審査には通常3日程度かかります」とあるけれど、3日はとうに過ぎた。気になったので色々調べてみた。 どうやら3日以上…

ストレンジャー・シングス 未知の世界|既知のシーンで未知の世界を

『E.T.』『スタンド・バイ・ミー』『グーニーズ』。1980年代は、子どもが活躍する名作の宝庫。 そして『スター・ウォーズ』『ターミネーター』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ブレードランナー』。今なお色褪せないSFが生まれたのもこの時代。 そんな1…